就活面接で
ゴリラのマネする奴

人以外,社会人,老人,面接官

バリバリITの会社の最終面接を受けに来た福徳は緊張しながら学生時代の話をしていく。展望は大学の学びを活かすこと。我が社に必要な人材だと思います。最後に自己アピールを求められ何も用意していなかった福徳はゴリラのモノマネを絞り出す。絶対そういうことじゃないのだが、テンパった福徳はゴリラを披露して去り際に、その行為について泣きながら言い訳をする。芸能事務所じゃないから。研究施設存分に使ってください。場違いでしたよね泣、ただこのままでは不採用になると思ったのかゴリラの続きを見せ始め、そういうことじゃない。やりきれない気持ちを抱えたまま退出したが、まぁ合格になる。

入社後↓

学生時代↓

コメント

『「今のゴリラのマネおもろかったから、もう一本ゴリラネタ撮っとこかw」みたいな2人のやり取りが想像できてほっこりした』

『暴れ回るゴリラとかやなくてちゃんと椅子の近くにいる静かめゴリラやったから採用されたんやと思うわ』

『不採用になりそうな雰囲気に気付いて言い訳し始めるけど、もっかいゴリラすんの間違いすぎてて好き』

『ゴリラから人間に戻るときのグラデーションで笑う』

『ゴリラのボディラインの再現性すごいな』

『ゴリラのモノマネ見せたくて色んな設定考えてるって思ったらかわいすぎる』

『こんなトリッキーなことされても優秀さ見抜いて採用した鍋島さん、有能人事』

『「やらんかったらよかったすかね?」とか言わんといてほしい。胸グーなる。』

『疲れてたから余力だけで見てたら気づいた時にはゴリラのモノマネしてて草』

『『ゴリラの真似しすぎてゴリラの群れに入った若者な奴』もやって欲しい』