上司の新車こすって
「大丈夫です」って言う奴

社会人,上司

部下を自慢の高級車に乗せてあげる福徳は、しっかり働けばこれぐらい買えるでと教える。せっかくなので後藤に運転させてあげようと思って運転席を譲り、後藤も嬉しそうに運転することに。エンジン音も静かだし、次の角を曲がろうとした時ギギギとどこかが擦れる音がした。急いで確認するとごっつい傷が。後藤はそれを見て大丈夫ですと言いながら必死に擦って消そうとする。その姿に胸グーなる福徳。血を出しながら本気で治ると思って泣きながら焦る後藤を一生可愛がると決めた。

初代