変な奴を接客する変な奴

店員,奴と奴

いらっしゃいません。このテレビほしー!このテレビもろていー?お買い得ですよ。このテレビ、サイズなんぼあるの?仰られているのはテレビのサイズですね?このテレビ、サイズなんぼあるの?お買い得なのはテレビのサイズに左右されますよ。4Kのやつ探してるんやけど4Kのやつない?こちらの画像がきれいな4Kのサイズで合ってますか?4K4K!何インチ?このサイズの4Kは高くつくけどこれは4Kで売っててその上でやってますけどどうですか?何インチ?お、お待ちください・・・良ければこれぐらいです。もう少し安ならん?もーちょい安ならへん?やってもこれぐらいです。もーちょい安ならへん?4Kもサイズは綺麗ですし言ってもオーディオ・・音もめちゃくちゃ綺麗です。もーちょい安ならへん?これが限界ですね。これ以上は安くなりません。おーしそれで買います。郵送できなかったので直接持って帰った。

コメント

『終始2人してほぼ何言ってるか分からないのにおもしろいのすごい』

『変な奴同士対戦させたいと思ってたからありがたすぎる』

『お互い理解してて、価格交渉までしてて笑うw』

『この2人を見ると虫を観察してる時と同じ気持ちになる。』

『1:36 ここの「も〜っチョっ安いのあっへっ〜ん」が好きすぎる笑』

『ギリ聞き取れたり聞き取れなかったりするリスニングテストみたいな会話で笑った』

『眠い中見てるから、後藤が何言ってるか聞き取れてないだけだと思ったらシンプルに何言ってるか分からん奴だった』

『最初まじで何も聞き取れなかったのに何回かみたら分かるようになってきて余計笑い止まらん』

『変な奴のくせにしっかり値切ってるのめっちゃ面白い』

『3年毎日観てる重症患者だけど今日のネタは過去最高レベルで意味わからん、よいしょすぎる』

『歌詞です

後藤「あ、いらっしゃいませ」
福徳「このテレビ…」
後藤「お買い求め…」
福徳「このテレビもろていい?」
後藤「はい?」
福徳「このテレビもろていい?」
後藤「お買い求めのお客様?」
「あの…」
福徳「このテレビサイズなんぼあんの?」
後藤「はい?」
「あっお買い求めのテレビのサイズで」
福徳「このテレビサイズなんぼあんの?」
後藤「お買い求めのテレビのサイズがあーだでし ゃ(?)」
福徳「4Kって書いてるけど4Kって何?」
後藤「あ、これは画像が、綺麗な、4Kのあのサイズがあだでゆでえばんすわ(?)」

スタッフ「ウフフフフw」

福徳「4Kやんけー」
後藤「あ、4k、あの…」
福徳「なんちゃって」
後藤「ハイ」
「あ、この、あ、ちゃ、サイズ、この、あれ、4Kは入ってないんですけど、これは、4Kはやってまばす(?)ということで、あー、うかんぬすらぁ(?)ってなすか?オッ!アッ」
福徳「何インチのテレビ?」
後藤「あ、申し訳ないお待ちください」
後藤「4Kの画素数やこれが」
福徳「ナァーイ!」
「もー寿司っすねー!」
後藤「あ、こんな、あやってたかな、これやってましてね。あ、やってましたかな」
福徳「もーちょい安ならへん?」
後藤「サイズなわな綺麗なんすやってまーオーディオとかも綺麗なんです」
福徳「もーっちょい安ならへん?」
後藤「あー、これぐらいが限界っすねー、この値段。アナゴのコネシマげえぇすね」
福徳「Earth、これなら買います」
後藤「これね」
「あっ、もうすぐ持って帰ってくださいね」
「あっどうぞあどさいごうぎゃってま杉1個ガットーチェーン」
福徳「郵送でお願いしたいんですけど」
後藤「それは私では対応しかねますね」
後藤「わわわわ、わわわわわ、わわわわわわわわわ」
「ウー、変な客ー」

後藤「えーうちのこのチャンネル、おい恐れてますね」
福徳「チャンネル登録お願いします」

スタッフ「フフフw」

福徳「是非、呼んでくださいっ」

福徳「ネタサロンっネタサロンっネタサロンネタサロンっ」
後藤「集まれ集まれー、このレンガが擦れる音に集まれーっ」
福徳「いやネタサロンに集まるんだろ!レンガが擦れる音に集まっても仕方がないだろ」
後藤「みんな、一緒にゆっくりしよ。」
福徳「不透明すぎて、入るのが怖いネタサロン。」

ジャルジャルタワ-!』

@アイランド案内所