聞く人、間違えた奴

メガネ,異常者,初対面

東京駅への行き方が分からなくなって近くにいた人に聞いてみた。するとなんでこんなに人が多い中で俺をチョイスしたのか理由を聞いてくる。別に深い理由がなかった後藤はめんどくさがり、この人に声をかけたことを後悔する。もうさっと聞いてさっといく予定だったのに腕掴まれて理由ばっか聞いてくる。その内メガネを3段階かけ始めて帽子もかけだして完全にやばい奴になる。新幹線の時間やばいけどもうとにかくこの人から離れた方がいいので走って逃げることに。いなくなって彼は1人でなんでチョイスしたんって言い続ける。

コメント

『みるみる完全体に近づいてる感じが余計恐怖を煽る』

『秒で変人が仕上がってくやん、あー・・・完成した』

『「教えてや」の声色変わるところ好き』

『開始数秒の時点での視聴者の予想を遥かに超える終盤のサイコ度』

『このネタのタネがどうやったら本ネタに生かされるんや笑笑』

『このちっさいサングラスかけてる福徳を見てると無条件で笑ってしまう』

『意味不明な帽子が登場した時まさかとワクワクして、サングラス出た瞬間歓喜した』

『いつも思うけど福徳の小ちゃいサングラスどこで売ってんねん』

『第1形態がもはや完全体みたいとこある』

ジャルジャルアイランド